登録セキスぺはどういう仕事をするの?

通称名の登録セキスぺ、正式には「情報処理安全確保支援士」の仕事は、文字通り会社や組織の重要な情報を扱うので、たいへんですがやりがいのある仕事です。

 

ここでは、実際に業務に携わった私の経験も踏まえて、どういった内容の仕事なのかを説明していきます。その仕事への向き不向きについても書いてみましたので参考にしてもらえれば幸いです。

情報処理安全確保支援士の実情記事一覧

情報処理安全確保支援士の仕事

情報処理安全確保支援士の仕事の内容情報処理安全確保支援士試験での対象者に想定されているものとして、次の内容が挙げられています。業務と役割セキュリティ機能の企画・要件定義・開発・運用・保守を推進又は支援する業務,若しくはセキュアな情報システム基盤を整備する業務に従事し、次の役割を主導的 に果たすととも...

≫続きを読む

 

情報処理安全確保支援士の適正

情報処理安全確保支援士にはどんな人が向いているの?登録セキスぺの仕事に向いているのはどんな人でしょうか。登録セキスぺは会社や組織の大事な情報に触れます。また情報を扱う人たちを指導する立場にあります。ひとに指導するということは、その人に対して真摯に向き合わねばなりません。大切なことは誠実さです。一方、...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク

 
トップページ 登録セキスぺとは 試験について 受験対策 実際の仕事